カテゴリー:ビジネスモデル, ブランド保護(商標), 知的資産経営, 知財戦略, 著作権(コピーライト)

船橋市非公認ご当地ゆるキャラ「ふなっしー」 ライセンスビジネスは絶好調!

何度も船橋市にすり寄ったけれど、結局、相手にされなかったという非公認ご当地ゆるキャラの「ふなっしー」君。でも、そのあまりの奇抜さが功を奏してか、キャラクター・ライセンスビジネスが順調に進んでいるようです。

たとえば「ふなっしーのマル秘クッキー」。汐留日テレタワー地下と東京駅一番街で営業している「日テレ屋」で販売しているそうですが、包装紙に書かれた”ふなっしーのおなかの赤い部分は、リボンではなく「返り血」”、”ふなっしーの青い部分は、服ではなく「タトゥー」”など、かなりエグい、どう考えてもウソまみれなコピーが評判だとか。

公認ゆるキャラとしては、くまモンやひこにゃんが有名ですが、そのひこにゃんは彦根市とキャラクター著作権者間で知財紛争がぼっ発した後、ようやく和解したことでも有名。その点、非公認であることも商売のネタにしてしまう、ふなっしー君なら安心(?)ですが、さて、この「非公認性」、今後のご当地ゆるキャラのトレンドになりましょうや???

http://entabe.jp/news/article/2038 【えん食べ】

http://terawarosu.jimdo.com/ 【ふなっしー劇場】